こんにちは。水戸の結婚相談所マリッジ水戸です。人見知りでなかなか婚活が上手くいかず悩んでいる方もいるのではないでしょうか。本当は話しかけたいのに上手く話しかけられなかったり、緊張してしまったりして言いたいことが言えなかったり、人見知りの性格により婚活を続けることがストレスになってしまうこともあるかもしれません。

今回は人見知りの人はどういう特徴があるのか、そして、人見知りの方でも婚活を成功させるための方法をご紹介します。自分自身が人見知りで悩んでいる方、人見知りとは言えないけれど当てはまるところがある方、ぜひ内容をチェックして今後の婚活に活かして下さいね。

人見知りの特徴

人見知りとは、初対面などの場面で恥ずかしくなったり、人を避けたりする態度をとる人のことを言います。さらに、人への警戒心が強く、一定の距離を置く人のことも人見知りと言います。本当は明るく接したいはずなのに、色々な感情が邪魔をして、なかなか上手くいかないのです。

人見知りな人の特徴を知ることは改善していくうえで大切なことです。婚活を少しでも楽にするため、成功する方法の前に特徴から見ていきましょう。

①初対面の人と話せない

初対面の人と話すことは誰でも緊張することですが、人見知りの人は他の人以上に緊張しすぎるため、初対面の人との時間が苦になってしまいます。社交的な人は初対面の人との会話でも、会話を盛り上げたりすることが得意ですが、人見知りの人はそれが苦手なため、お見合いや婚活パーティーでも話せす終わってしまうということも有り得ます。

②会話を続けることが苦手

会話を続けることも苦手なため、婚活ではお見合いをしても次に繋がらないことの方が多いことも。第一印象が良くても、会話が続かないと、お相手の方から「また会いたい」と思ってもらうことが出来ません。それに加えて非常に緊張しているため、余裕がなく、笑顔でいる時間が少なくなってしまうこともあります。

そして、上手く話せなかったことで自己嫌悪になるのも人見知りの特徴です。その都度自己嫌悪に陥っていると、その分、次の行動が遅れてしまい、婚活が進まなくなってしまいます。後悔したり自己嫌悪に陥りすぎないように注意が必要です。

③警戒心が強い

慣れない人に対して警戒心が強いことも特徴の一つです。お相手の方が話しかけて、話題を振ってくれているにも関わらず、「質問ばかりしてくる」「何か悪いことを考えている」と警戒してしまい、自分のことを話さなくなってしまいます。

婚活では、ある程度自分のことを話す必要がありますし、話をしないとお相手との距離がなかなか縮まりません。しかし、人見知りの人は警戒心が強すぎて円滑にコミュニケーションがとれない傾向にあります。

④自己評価が低め

自己評価が低いため、自分をアピールすることが苦手な人が多いです。自分の良いところをお相手に伝えていかなくては婚活は上手く進まないものですが、アピールが苦手なので自分をアピール出来るチャンスがあっても棒に振ってしまうことも。自分からアプローチが出来ないと、どうしても受身になってしまって婚活が長期化する可能性も大きくなります。

人見知りでも婚活を成功させる方法とは?

①初対面の人との会話が心配な場合

初対面の人との会話は誰でも緊張するものです。特に婚活パーティーのような短時間で何人もの異性と話さなくてはいけない場合は負担が大きくなるでしょう。初対面の人と会話をスムーズにするためには共通点を見つけて話すことが重要です。なので、婚活方法もプロフィールで共通の趣味や出身地をあらかじめ知ることが出来る結婚相談所やマッチングアプリの方が良いと思います。

共通点が一つあるだけで、安心感が生まれ、自然と素の自分を出すことが出来るかもしれません。趣味も特技もないという方は、これを機に色々なことにチャレンジしてみると良いでしょう。婚活に関係なく、色々なことにチャレンジすることで視野も広がり、自分に自信を持つことにも繋がるはずです。

②積極的に婚活が出来ない場合

婚活をしたいけれど、話すことが苦手で積極的に婚活が出来ないという悩みは多くの人見知りの方が悩んでいること。結婚したいのに自分から動くことがなかなか出来ないと時間だけが過ぎてしまい、後悔する原因になります。婚活では年齢が若い方が有利なため、早めにアクションを起こすことが成功の鍵になります。

それでも、自分から積極的に婚活が出来ない場合は仲人型結婚相談所で婚活を初めてみてはいかがでしょうか。仲人型結婚相談所はカウンセラーによる手厚いサポートがあります。こういうサポートを頼りに婚活を進めると色々な意見やアドバイスがもらえるので、積極的に婚活をするきっかけを多く作れるようになりますよ。

③警戒して自分のことを話せない場合

婚活の場では、お互いのことを話さなければ前に進むことが出来ないため、ある程度は自分のことを話す必要があります。しかし、人見知りの人は初対面の人や知らない人だと警戒してしまい、自分の話をしなくなる傾向があります。警戒して自分のことをあまり話したくない場合は、無理をして細かく話をする必要はありません。

自分の中でここまでの情報は伝える、と線引きをしておくと話しやすくなると思います。例えば、「お住まいはどの辺りですか?」と聞かれたら「〇〇〇駅が最寄り駅です」というような具合です。関係が続くようになったら、細かい情報を伝えていけば良いのです。

④会話が続かない場合

婚活が進んで2人きりで話す機会が出来ても、会話が続かず先に進むことが出来ない悩みも、人見知りの人によく見られる悩みです。会話は自分から話題を見つけて話そうとするから緊張してしまうのです。そんな時は、お相手を楽しませようと無理に自分から話をするのではなく、聞き役になることをオススメします。

お相手の休日の過ごし方や趣味について質問をし、相槌を打って感想を伝えるだけで会話は進んでいきます。さらに、人は自分のことについて質問をしてくれる人に好意を持つため、自然と自分に興味を持ってもらえるようになるかもしれません。

まとめ

人見知りというとマイナスな点と捉えがちですが、プラスな点もあります。警戒心が強い分、素を出す人や信頼する人を選ぶ傾向があるため、深い人間関係を築くことが出来ます。また、当たり前のことですが、人見知りであるからこそ、人見知りの人の気持ちを理解することが出来るため、自分の経験を活かしてサポート出来るかもしれません。

人見知りでも、解決方法が分かれば婚活を成功させることが出来ます。周囲の反応や考え方に左右されず、「自分は自分!」と思うことで新しい一歩を踏み出すきっかけに。円滑なコミュニケーションがとれるように少しずつアクションを起こしてみましょう。

出会いの春に向けてマリッジ水戸では無料の相談会を実施しております。仲人型結婚相談所がどのようなものなのか知りたい、料金について見積もりして欲しい等、無理な勧誘はありませんので、この機会にぜひ相談会に参加してみてはいかがでしょうか。新しい一歩を一緒に踏み出しましょう。