こんにちは。水戸の結婚相談所マリッジ水戸です。勇気を出してデートに誘ったけど、断られてしまった経験を持つ方も多いと思います。断られたことはショックですが、それと同時に「このまま引き下がった方が良いのか」「何回まで誘って良いのか」「効果的な挽回の仕方はあるのだろうか」このような疑問が浮かんでくることでしょう。

今回は、そんな悩みを解決したい方へ、デートに断られた後の対処法をご紹介します。対処の仕方次第で、もしかしたら次のデートはOKをもらえるかもしれません。ぜひ、参考にしてくださいね。

デートの誘いを断る理由

気になる異性をデートに誘うことが出来たら「次のステップに進めた」という自信にも繋がりますよね。しかし、せっかく色々考えて誘っても、断られたら悲しいもの。そこで、断られる理由を考えてみましょう。デートの誘いを断る理由は主に3つあります。

①体調が良くない

体調が良くなかったり、仕事が多忙で疲れていたりすると、体力的な問題でデートに行けないケースも。また、疲れていて気分が乗らない、と断られるケースもあります。せっかく2人でデートをするならば、楽しいデートをしたいですよね。

体調が良くないことを理由に断られた時は、無理強いするのではなく、仕事が落ち着くまで待つ、体調が回復するまでそっとしておく方がベターです。ここで無理やり誘おうとすると、お相手からの印象は悪くなってしまうので注意しましょう。

②予定が合わない

日時を指定して誘った場合、予定が合わずに断られることがありますが、先に別の予定が入っていれば仕方のないことです。「タイミングが合わなかっただけ」とデートの約束が出来なくても落ち込まないようにしましょう。

③タイプではない

デートを断る理由には、シンプルにタイプじゃない、という場合もあります。「好みのタイプ以外デートはしない」「自分のタイプ以外の人とデートをしても時間の無駄」という考えを持つ方は以外と多くいるもの。

どうしても諦めきれない場合は、「タイプではないけど、このデートプランなら楽しそう!」と思って貰えるようなデートプランを考えてもう一度誘ってみても良いですね。

このように、デートに断られる理由は様々ですが、特に女性の中には「デートに行きたいけど、すぐにOKをしたら、軽いと思われそう」「良いと思うけど、まだデートして良いか分からない」という心理から断るケースもあります。

脈アリだったとしても、デートに行くことに慎重になる人もいますから、一度断られたとしても諦めないことが大切です。また、デートを断られても態度を急変するようなことは辞めましょう。本当に好きなお相手であれば、断られても態度を変えずに、安心感を与えつつ、もう一度チャレンジしてみましょう。

そして、デートに誘う回数は3回を目安にしてください。誘う側も勇気が必要ですし、しつこいと思われたくない人もいるでしょう。3回まで頑張ってダメな場合、残念ながら基本的に脈ナシと考えて良いでしょう。

挽回する方法

一度誘われて断られた後は、お相手との距離を保ちつつ、次のチャンスを待つことが大切。2回目のデートをスムーズに誘えるように、断られた後の挽回方法をみていきましょう。

①しつこくしない

先ほどお伝えした通り、一度断られても、そこでチャンスが無くなってしまった訳ではありません。しかし、断られた後に、しつこく「じゃあ〇〇日はどう?」「次の休みはいつ?」というように、しつこく誘ったりすることはしないようにしましょう。

また、断られたからと言って、「〇〇って本当見る目ない」「誘いを断るなんてありえない」と卑屈になるのも良くありません。断られた後の態度が次のチャンスに繋がっているからです。

断られた時は「あ、そっか!いきなり誘ってごめんね。」と素直に引き下がりましょう。「仕事が忙しくて。。ごめんなさい。」と断られた際は「大変だね。体調に気をつけてね。」というような、気を遣う言葉を伝えられるとイメージアップになりますよ。

②デートの口実を作る

一度断られた後でも、出かける理由がハッキリしていればデートをOKしてくれる可能性が高いです。例えば、「美味しいパスタ屋さんがあるみたいだから一緒に行かない?」「プレゼント選びを手伝ってくれない?」といった具体的でお相手の興味がある理由だったら、「行っても良いかも。」と思ってくれるかもしれません。

お相手の興味があることをリサーチして、それに合った口実を上手く作ってみましょう。気軽に行けそうな口実だと、より良いでしょう。

③2回目の誘いは時間をあける

1回目のデートを断られた場合、次にデートに誘うのは10日くらい、時間をあけてからにしましょう。時間をあけずに、すぐ次のデートの話をすると、しつこいと思われてしますよ。

そして、2回目のデートは具体的に「〇〇のお店行きませんか?」「あの美術館のイベントに行きませんか?」と具体的に誘うことをオススメします。美術館へ行って、食事をして、夕方くらいまでのデートであれば、成功する確率が上がるでしょう。

もし、「スケジュールが合わない」と2回続けて断られたとすれば、最後の誘いは1ヶ月以上あけてから誘ってみてください。仕事の繁忙期かもしれませんし、誘いたい気持ちは抑えて、お互いのスケジュールを合わせやすいように時間をあけてから誘ってみてくださいね。

脈ナシの断られ方とは

デートに誘った時、断られ方によっては完全に脈ナシと分かる場合もあります。特に婚活をしている方は時間との勝負の方も多いと思います。だからこそ、脈ナシだと分かったら、切り替えをして次の恋に切り替えをした方が良いと思います。

①機会があれば、という返事

真剣なデートの誘いの答えが「機会があれば」という返事だったら、ほぼ脈ナシです。「機会があれば」という言葉は社交辞令の可能性が高いからです。次のチャンスがないわけではありませんが、自分に興味を持ってもらい、距離を縮めることが出来なければ、デートをすることは難しいでしょう。

②忙しいという返事のみ

もし、本当に都合が悪くて行けなかったり、仕事が忙しくて行けない場合は、「今忙しくて、また今度でも良い?」「スケジュール分かったら連絡するね」という返事になるはず。しかし、「忙しいからごめん。」という返事のみの場合は、断り文句として使っているので、脈ナシとみて良いでしょう。

③話を逸らす

デートの話をしているのにも関わらず、話題を変えたり、話を逸らしたりして、ごまかすような流れになったら、恋愛対象ではない、ということでしょう。遠まわしに「恋愛対象ではない」と言っているのと同じことなので、このようなことがあれば、身を引くのがベストです。

まとめ

一度デートに断られたからといって、そこで諦めるのはもったいないですよ。お相手のことをしっかりとリサーチして、デートに行きたくなるような口実を作ってみましょう。3回断られても、ずっと落ち込んだままではいられません。

前を向いて、新しい恋に切り替えることも大切です。しかし、どう切り替えれば良いか分からない、出会いもない、という方は結婚相談所を利用してみてはいかがでしょうか。出会いの数にも自信がありますし、経験豊富なカウンセラーが相談にも応じます。自分にピッタリなお相手を見つけにいきませんか?

マリッジ水戸では無料の相談会を行っております。お時間がない方にオススメな婚活方法となっておりますので、ぜひお問い合わせくださいね。