こんにちは!茨城県水戸市の結婚相談所マリッジ水戸です。

婚活において重要なことといえばもちろん相手との会話ですよね。

結婚相談所を通して出会った人、婚活パーティーで出会った人、婚活アプリで知り合った人。

どのように出会った人だとしても、最終的に重要になってくるのは会話です。

会話を通して相手のことを知りたい、自分のことを知って欲しいと思うが余り失敗してしまった。なんてこともあるのではないでしょうか。

婚活での会話が苦痛に感じてしまうようになった…なんてことも。婚活は友人と普通に会話をするのとはかなり違った環境ではありますが、会話が苦痛になってしまっては元も子もありません。

婚活で会話をすることが苦手…。そんな方に会話のコツを紹介したいと思います。

第一印象は挨拶で決まる!一言を付け加えてみる!

第一印象は服装などの見た目もそうですが、会話の第一印象ではまずは挨拶ですよね。

初対面の人と挨拶をした時に いい人そう。 優しそう。 ちょっと怖いかも。

と一瞬のうちに感じた経験がかなりの人にあると思います。

その後にも関わりがある人であれば、様々な面を知るうちにその印象は変化していきますが、

婚活の限られた時間の中であれば、第一印象は良いに越したことはないですよね。

そのあとの会話をスムーズに進めていくためにも、挨拶を大切にしましょう。

挨拶といっても「こんにちは。〇〇です。」というだけではなんだか味気ないですよね。

そこにぜひもう一言を付け足してみてください。お互いに固くなってしまいがちな自己紹介ですが一言あるだけで緩和できますよ。

例として、

今日はお時間を作ってもらって、ありがとうございます。

とても楽しみにしてました。今日はよろしくお願いします。

あまり慣れていなくて、緊張しています…。

初めてなので、ちょっとワクワクしています!

など、予め考えておけばスムーズに自己紹介できますね。

質問攻めにならないように注意!

 

相手のプロフィールなどを見ている場合が多いと思います。

まずは趣味について聞いてみるのも良いでしょう。

自分の全く知らない世界を知ることができることもあると思います。

しかし相手の話を聞くことに注力しすぎると、質問攻めになってしまうことが多いです。そうすると相手はかなり威圧感を感じて、答えにくくなってしまいます。

もし相手が映画が好きなら、最近何を見ましたか?などど聞くでしょう、そこで自分の映画体験も交えて話すことができればとても良いです。

自分からも質問ではなく、体験したことなどを話すことで、相手もこちらに質問がしやすくなってきますし、話が広がります。

共感を忘れないで!相手への関心を示すこと。

共感することと、相手に対する関心を示すことはとても大切なことですが、具体的にどうすればいいのかは難しいですよね。

意外とこのことを忘れがちな人や、できていない人はかなり多いです。

共感されない、関心を持たれていない、と感じるとかなり女性は不快感を感じ、会話をすることを億劫に感じるようになります。

 

もしも女性が犬を飼っているとして、犬に関係する話になったとします。

男性はそこまで犬に強い興味がなかったとしても、うまく会話を進める方法を知っているのと知っていないのでは大きな差がつきます。

会話の例で紹介させていただきます。

女性「ペットを飼っていたりしますか?」

男性「飼ってないですね。何か飼っているんですか?」

女性「犬を飼っているんです!」

男性「そうなんですね。チワワとかですか?」

女性「そう!チワワなんです。」

男性「へえいいですね~」

女性「はい……」

自分にあまり興味のないテーマだったとすると結構このような反応になってしまう方が実は多いです。

 

共感と相手への関心を示すことに気をつけると会話が弾むようになります。

女性「ペットを飼っていたりしますか?」

男性「飼ってないですね。何か飼っているんですか?」

女性「犬を飼っているんです!」

男性「そうなんですね。チワワとかですか?」

女性「そう!チワワなんです。」

男性「へえ!ワンちゃんかわいいですよね!〇〇さんお散歩したりするんですか?」

女性「はい!毎朝散歩してるんですよ~。」

男性「早起きできるの羨ましいです。ワンちゃんの写真あったら見せて欲しいです!」

 

この場合男性が犬を可愛いと思っていないかもしれませんが余程嫌いでなければ、可愛いと言って相手に共感してあげることはできますよね。

自分の好きなものに興味を持ってもらったり、共感してもらえたりすると嬉しいものです。

散歩をするのかという問いで相手に対する関心もしっかりと示すことができます。

こんな小さなことは聞かなくてもいいか…と聞きたいことが思い浮かんだとしても質問することをやめてしまうことも多々あるかと思いますが、小さな質問からその他の会話に繋がっていくことも多いので、このような答えやすそうな質問であれば、どんどん聞いて相手への関心を示していきましょう!

まとめ

会話にスムーズに入っていくために、挨拶にひとこと付け加える工夫をしましょう。

お互いに緊張が和らぎます。

質問攻めにならないように注意することで、会話のキャッチボールができるようになります。

自分の体験や関係することも交えて話をすることで相手も質問がしやすくなりますし、会話が広がり進んでいきます。

相手が話しやすくなるよう、共感することを忘れないようにしましょう。この点を意識しないと相手に自分に関心がないと思わせてしまうこともあります。

友人と会話をするときとは勝手が違うとは思いますが、何よりも楽しく会話ができるといいですよね!