こんにちは!水戸の結婚相談所マリッジ水戸です。婚活でも婚活以外の場面でも、あなたの周りにモテる人はいませんか?モテている人は必ずしも、顔やスタイルが良いからではありません。モテる人には「第一印象が良い」という共通点があります。では、異性の心を掴む第一印象とはどういうことなのか?どのようにすれば良い第一印象を与えることが出来るのでしょうか?

以前、こちらのブログでは服装に関するテーマで第一印象について少し触れました。こちらの内容は5月15日のブログ記事にアップしていますので、読んでいない方は併せて読んでみてくださいね。今日は服装以外で第一印象を良くする方法を考えていきたいと思います。

数秒で決まる!?第一印象

第一印象は会ってどのくらいで決まるか知っていますか?以前の記事でもご紹介しましたが、アメリカの心理学者のアルバート・メラビアン氏によると、人の第一印象は3~5秒で決まるそうです。他にも6秒や7秒など諸説あるそうですが、数秒で決まるということは間違いないですよね。

先ほどの心理学者のメラビアン氏はコミュニケーションをとる際に話している内容と、表情や声のトーンに矛盾があった際の人の受け止め方を研究し、「メラビアンの法則」を発表しました。その法則は、人は視覚情報から55%、聴覚情報から38%、言語情報から7%の割合で影響を受ける、というものです。

このことから、第一印象を良くするためには表情、服装といった視覚情報、声のトーン、大きさ、口調といった聴覚情報が大切なポイントになります。今回はこのポイントを中心に今日からできる第一印象を良くする方法をまとめていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

第一印象を良くするポイント

①とにかく笑顔でいる

第一印象で最も重要なのは笑顔でいることです。どんなに顔が良くても、仏頂面だったり、覇気のない顔だったら何だか近寄りがたい印象を与えてしまいますよね。逆に、いつもニコニコしている人は容姿を問わず「良い人そうだな」という印象を与えることができます。

お見合いや初めてのデートの際は緊張で顔が強ばったりしてしまうかもしれませんが、できる限り笑顔でいることを意識してください。まずは、鏡の前で口角を上げて笑顔を作ってみましょう!お相手に親しみやすく、明るい好印象を与えることができますよ。

②姿勢を正す

背中が丸まっていたり、うつむきがちな人は自信がなさそうな印象を与えてしまいます。姿勢を正して、まっすぐ前を見るようにしましょう。視線が合うとお相手の方も話を聞いてくれて、気持ちが伝わりやすくなる効果もあるそうです。

簡単に姿勢を正す方法は、肩を広げて首を伸ばし、お腹の下辺りに少し力を入れてみてください。自然と目線がまっすぐに前を向くような姿勢になり、綺麗な姿勢になります。また、座っている時も同じです。足を組む癖がある方は注意してくださいね。猫背の方など、姿勢が悪い方は最初はきついかもしれませんが、普段から鏡を見るなど意識をすれば変わっていくはずです。

③声のトーンを意識する

自分では感じていないかもしれませんが、初対面では緊張して早口になりがちです。特に婚活の場では初対面のお相手と話す機会が多いので、ゆっくりと会話をするように心がけてくださいね。そして、男性は落ち着いたトーンで話すことにより女性に安心感を与えることができます。女性はいつもより高いトーンで話すことによって、男性に明るい印象を与えることができます。

また、人は自分と同じ属性の人に安心感を抱きます。気になる人が頷いたら自分も頷いたり、飲み物を飲むタイミングを揃えたりすると良い、という話を聞いたことはありますか?これと同じで、明るい印象の女性だったら、口角を上げて少し高いトーンで、落ち着いたトーンの男性だったら、ゆっくりと話すことを意識してみてください。声のトーンもお相手の真似をすると「話しやすい」と思ってもらえるかもしれません。

④さりげない気遣いができる

将来のパートナーを選ぶ際に「自分のことを尊重してくれるか、気遣ってくれるか」というポイントは男女問わず大切なことです。そのため、「さりげない気遣いができる」という第一印象を与えると成婚に繋がりやすくなります。例えば、食事をするお店選びや道を歩く時の場所、お相手の表情などから体調や気分を察したりと、スマートな気遣いができる人は第一印象がとても良く思われる傾向にあります。

気遣いをしすぎてあたふたしてしまうと、逆にお相手に気を遣わせることになってしまうので、わざとらしくならないように「自分だったらどのように気遣ってもらえると嬉しいか」を考えて、自然な気遣いができるようにしましょう。お相手の表情や仕草から、場所を移動したいと思っているか、急いでいるのか、体調が悪いのかなどが感じ取れるように、日々意識していれば気遣い上手になれるはずです。

⑤話をしっかり聞く

第一印象を良くするためには、きちんとお相手の話を聞いてください。話す内容の割合は自分の話は4割、お相手の話が6割にすると良いとされています。自分も話をしつつ、お相手の話す内容が少し多ければ、「しっかり話すことができた」と満足することができます。

しかし、黙って話を聞いているだけでは、本当に聞いているのか不安にさせてしまいます。話をしっかりと聞く時には相槌が大切です。相槌を打つ際には、お相手の会話の合間や一息おいたタイミングで頷いたり、「そうですね」「なるほど」「知らなかった」など相槌を打ってください。話の合間に相槌を打つと、「きちんと話を聞いてくれている」と素直に好印象を抱きやすくなります。

⑥正しい日本語で話す

若者言葉や流行りの言葉などを使う人も多いですが、あまり汚い言葉で会話をすると、その人の品格が疑われてしまいます。品の善し悪しは第一印象として強く残ってしまいがちなので気をつけてください。親しい友人同士であれば、流行りの言葉で話しても通じますが、初対面のお相手にいきなりそんな言葉を使ってしまうと、内容を理解出来ない場合や「言葉遣いが悪い人だな」という印象を与えてしまいます。

略語や流行り言葉は親しい関係になってから使うようにするのがベターです。特に婚活の場合、お相手がどんな人なのか、結婚相手としてふさわしいのか、お互いに探り合っている状態です。標準語で話をするようにしてくださいね。

まとめ

「人は見た目じゃない」「大切なのは中身」という意見もありますが、初対面の人と出会った時にまず第一印象の決め手となるのは、その人の中身ではありません。お付き合いしてみれば良い人かもしれませんが、第一印象が良くなければ次のステップには進めないですよね。

第一印象が良ければ、成婚に繋がるチャンスもぐっと増えるはずです。今回紹介したポイントは簡単に実践できるものばかりなので、一つずつ自分に出来ることから始めてみてくださいね。