こんにちは。水戸の結婚相談所マリッジ水戸です。「好きな人に勇気を出して告白したけど、振られてしまった。。。」このような経験を今までしたことがある方も多いのではないでしょうか。一生懸命告白の準備をしたのに、失敗してしまったら辛いですよね。しかし、今回の告白が失敗したとしても、次回の告白の結果が同じとは限りません。

今回は、諦めきれずにもう一度告白を考えている方へ、告白が失敗した時の対策についてまとめたいと思います。告白後の対応の仕方によっては、次回告白した時に良い返事を貰えるかもしれませんよ!

告白後に取るべき行動や振る舞い方

 

告白の答えは「YES」か「NO」の二択しかありません。もし、失敗という結果になってしまった場合でも、諦めきれない場合はもう一度告白しても良いんです。しかし、もう一度アタックしようと思うのであれば、告白失敗後に取るべき行動や立ち振る舞いを考えなければいけません。ここでの対応の仕方が、次の告白を成功に導くことに繋がりますので大切なポイントになります。では、どのような行動をしたら良いのでしょうか。

①答えてくれたことに感謝する

告白を受けたお相手は、自分のことを真剣に考え答えてくれたはず。それが良い結果でなくても、「答えてくれてありがとう。」と感謝の言葉を伝えましょう。そして、お相手の方も無理に関係を解消したいとは思わないはずです。失敗したとしても、友人として仲良くしたいと話してください。

ここでは、もう一度告白したいと思っていても焦らずに告白前のように振舞うことが大切です。ガツガツしてしまったり、まだ諦めきれないことを失敗後すぐ伝えると、印象が悪くなってしまうこともあるので注意が必要です。

②諦めなくても一度引く

振られたけれど、どうしても諦めがつかない場合は「もう一度考え直してくれないかな。」とお相手に求めてしまう気持ちになりますよね。しかし、ここは気持ちを抑えて一度すんなり引いたほうが良いでしょう。①でもお伝えしましたが、しつこく連絡するよりも潔く一度離れた方がお相手に与える印象は良くなるからです。

振られた際に、「もう一度考え直して!」とすがるより、「分かった!でもまだ好きだから、振り向いてもらえるように頑張る。その時また告白しても良い?」というような言葉を伝えられたら一途さが感じられませんか?そして、振ったお相手も、「自分のことをこんなに好きになってくれる人を振ってしまって良いのか。。。」と考え直してくれるきっかけにもなります。

 

③周囲に自分から振られたことを話しておく

共通の友人や同僚など2人を知る周囲の人たちに告白をして振られたことにより、変な気を遣わせないように自分から振られたことを話しておきましょう。あらかじめ話しておくことで、2人を含めたグループ行動をするとなっても、告白前と同じように接してくれるでしょう。前と同じ関係を続けることで、振られた、振った気まずい雰囲気も薄れていきますよ。

ただし、SNSに振られたことを匂わせる内容は投稿しないようにしましょう。ツイッターやインスタグラム等振られた辛い気持ちを投稿したくなるかもしれませんが、もしかしたら人づてに本人に伝わってしまうかもしれません。そうなると、お相手の気持ちが完全に冷めてしまう原因にもなります。周りに話す際は直接話すことをおすすめします。

振られたあとにとってはいけないNGな行動とは

振られた直後は自分の気持ちに整理がつかず、感情的になってしまいがち。それにより、とってしまいがちな行動が好感度をぐんと下げてしまい、挽回出来なくなってしまう可能性も。振られたあとにとってはいけない行動をご紹介します。

①振られた理由を問いつめる

「どうして振られたのか、自分のどこがいけないのか」と理由を知りたくなる気持ちも分かります。しかし、お相手の方が理由を話さないのであれば無理やり聞き出さないほうがベターです。

お相手の方は真剣に考えて返事をしています。そこで、理由をしつこく問い詰めるような行為をすると、「真剣に考えたのに、分かってくれないのかな。」といった気持ちになってしまいますし、挽回できるチャンスを失ってしまうことになってしまいますよ。

②自分を振ったお相手の悪口や不満を言う

振られたことのショックから感情的になり、自分を振ったお相手の悪口や不満を口にしてしまうこともあるでしょう。しかし、これはしてはいけないことです。お相手の方を傷つけてしまうことはもちろん、結果的に自分自身も否定することに繋がってしまいます。「伝わらないからいいや。」と軽い気持ちで口に出すのは止めましょう。

そして、振られた後、気まずさから露骨にお相手のことを避けるようなこともしないでくださいね。周りにも「何かあったのかな?」と心配させてしまうことにもなりますし、露骨に避けてしまうと、お相手の方は「もう友人関係にも戻れない」と思ってしまうことになります。そうすると、先ほどと同じく、もう一度告白出来るチャンスを自分から潰してしまうことに。

挽回する方法と2回目の告白で気をつけること

一度告白して振られたとしても、諦める必要はありません。行動次第でもう一度リベンジすることができ、次の告白が成功するチャンスも十分あります。しかし、やみくもにもう一度チャレンジすることはオススメ出来ません。気をつけたいことを具体的にご紹介します。

①髪型や服装をイメージチェンジしてみる

思い切って見た目をがらりと変えてみることで、気を引くことが出来ます。髪型や服装の系統を変えることにより、簡単に今までと違った雰囲気になれます。雰囲気を変えることで周囲から注目されるので、お相手の方も意識するきっかけになるかもしれません。そして、自分自身も気分が変わり、新しい気持ちでもう一度アタックすることが出来ますよね。

②振られた理由について考えてみる

自分が振られた原因はどこにあったのかをしっかりと考えてみることが大切です。例えば、時間にルーズで約束の時間に遅刻をしてしまうことが何度かあった、会話をしていても自分の話ばかりしてしまっていた、といった具体的な原因が分かれば、次回告白するまでに改善するべき点が見えてきます。

考えてみたけれど、思い当たらない、よく分からない場合は言動や身だしなみを整えて、告白までの間に自分磨きをしましょう。

③徐々に距離を縮める

告白失敗後も友人関係を続けて、コミュニケーションを取り「距離が縮まったかな。」と感じたら再び告白をしてみましょう。最初の告白の時より2人の距離が縮まり、お互いがお互いを理解し合っていることが出来れば、成功する可能性は高まります。

前回の告白時には恋愛感情を持っていなかったお相手の方も、告白されたことにより意識し始めるきっかけになって、2回目の告白時にはすんなりOKをもらえるかもしれません。ストレートにしっかりと自分の気持ちを伝えてみましょう。

 

告白をして振られてしまった場合も、感情的にならず、お相手の方を思いやる気持ちと感謝の気持ちが大切です。振られたからと言って、そこで終了する訳ではありません。その後の対応の仕方で挽回出来るチャンスはいくらでもあるはずです。本気で好きなお相手ならば諦めずに自分の気持ちに素直に向き合いましょう。