こんにちは!水戸の結婚相談所マリッジ水戸です。男性、女性関係なく、「この人こじらせてるなあ。」と思ったことはありませんか?今回は最近増えてきているこじらせ男子、こじらせ女子について特徴と原因についてお伝えします。

どこか扱いづらかったり、一緒にいても面倒くさいと思ってしまう、こじらせ男子、こじらせ女子は婚活に影響が出てくる可能性も。自分では気付いていなかったり、どういう人が「こじらせている」と言えるのかを解説します。「婚活や対人関係が上手くいかない。。。」と感じている方、自分が気がついていないだけで、もしかすると自分も当てはまっているかもしれません。

そして、原因と改善方法もお伝えしますので、もし自分がこじらせ男子、こじらせ女子の特徴に当てはまったら、ぜひ参考にしてくださいね。

こじらせるの意味とこじらせる人の特徴

そもそも「こじらせる」とは、「人間関係や物事をもつれさせて面倒にする、難しくさせる」このような意味があります。簡単なはずの問題をわざわざ複雑化させてしまった場合に使われる、マイナスな意味を含んだ言葉です。「風邪をこじらせる」という言葉を聞いたことがあると思いますが、本来は物事に対して使用される言葉です。

ですが、最近では考え方や行動が面倒で自ら問題を深刻化させたり、長引かせたりする人のことをこじらせ男子、こじらせ女子と表現するようになりました。では、どのような特徴があるのか男女別にご紹介します。

こじらせ男子の特徴

①視野が狭い

特徴の一つとして、自分の独断で物事を判断しようとする傾向があります。「自分の判断が正しい」と思っていることに加えてプライドも高いため、新しい考え方や周囲の意見を取り入れようとせず、周囲が苦しんだり、反感を買ってしまうこともあります。自分の判断基準で物事を進め、まとまりかけたこともまとまらなくなってしまうことがあるため注意が必要です。

②優柔不断

先ほどとはタイプは違いますが、優柔不断という特徴もあります。自分に自信がないこじらせ男子は、自らリーダーシップを取り、他の人と協調性を図ることが苦手です。優柔不断で、決断出来ない、考えることが面倒、といった理由から周囲の意見に同調しようとします。そのため、責任感や決断力も乏しくなり、「ここぞ!」という時に頼りになりません。

③こだわりが強い

何事ごとにおいても妥協せず「こうあるべき」というイメージを持っているため、イメージと違う結果になることを嫌います。こだわりが強いということは仕事や趣味といった、自分だけで完結することであれば強みになったり、メリットがありますが、恋愛やグループで活動する際には話が変わってきます。こじらせ男子は他の人がいる場合でも、自分のこだわりを優先して周囲を振り回す場合があります。

こじらせ女子の特徴

①ネガティブ思考

新しいことをスタートする時に、まだ始まってもいないのに「どうせ失敗する」と反射的に失敗を考えてしまうネガティブ思考はこじらせ女子の共通点です。それに加えて自己肯定感も低いため、自分自身に自信が持てず自己評価が低め。友人や男性が心を開いて話しかけても、「どうして私なんかに?」「何か裏があって話かけているかも」というように必要以上に恐縮してしまいます。

本心で褒めたはずが、「本当はそんな風に思っていないのに」と言われたら褒めたこちらも良い気はしませんよね。このようなネガティブオーラをまとっているので、扱いづらいと思われてしまいます。

②強がりな性格

こじらせ女子は甘えてもいい場面で強がってしまい、「手伝おうか?」という周りのサポートも断って一人で何でもやろうとします。また、人に甘えることが苦手で相手に心を開きにくい性格なので、グループで楽しむような場面でも楽しんでいる印象を与えることが出来ません。そのため、周りの人もどのように接して良いのか分からず、「面倒な人」と思われてしまう可能性が高いのです。

③一人の方が楽だと思っている

周りに合わせることが大切だと思っておらず、「一人でいる方が楽だし、楽しい」という考えを持っていることも特徴の一つです。そのため、グループでいる時も自分の感情や考えを優先して物事を進めようとしがちで、自分の意見が通らないと不機嫌になったり、「やっぱり一人の方が良い」と発言してしまいます。

このように協調性が乏しく、周囲に合わせることが苦手だと「誘っても面倒になるかもしれない」と思われるようになり、こじらせ女子という印象を与えてしまいます。

恋愛傾向について

性格的な部分の特徴をお伝えしましたが、恋愛の傾向にも特徴があります。こじらせ男子、こじらせ女子の恋愛傾向を3つご紹介します。

①相手に依存しやすい

自己肯定感が低く、自分に自信がないので、自分を受け入れてくれた恋人に対して依存しやすい傾向があります。依存していると思われる具体的行動例として、返信が遅いと何回も連絡をしたり、プライベートの時間はずっと一緒にいたり、といった行動です。

このように依存してしまう原因は独占欲が強いだけではなく、「この人と別れたら、もう自分は終わり」「こんな自分を好きになってくれる人から離れたくない」というネガティブな感情が大きな原因になっています。

②過去の恋愛を引きずる

よく見られるのは、既に終わった恋愛を引きずり、未練を残しているというパターンです。別れたお相手のことを、「本当は別れるべきではなかったのかも」「別れるなんてもったいないことをしてしまった」といつまでも思っていて、なかなか吹っ切ることが出来ないのです。新しい恋人が出来てもずるずると過去の恋人のことを思い気にしがちなので、今の恋に集中出来ないこともあります。

③本命の人に好きになってもらえない

自信のなさやネガティブな思考が原因で、強がってしまったり、甘えたりすることが出来ず、本当に好きな人に本音を見せる機会を逃してしまうことがあります。お互いに恋愛感情が芽生えたとしても、「なんで本音を言ってくれないんだろう。。。」と思わせてしまうことから、「自分に心を開いてくれない」という結果になってしまいます。

こじらせた性格を直すには

「自分もこじらせているかも!」「友人がこじらせている」という場合でも、普段の生活の中で少し気をつければ改善し、状況を変えることが可能です。

①日頃からポジティブなことを言うようにする

こじらせ男子、こじらせ女子にはネガティブ思考の方が多いので、言葉遣いから変えてみるのがオススメです。意識的に「素敵」「ありがとう」「嬉しい」というような、言葉を口に出すようにしましょう。何かしてもらった時も、「すみません」ではなく、「ありがとう」と言えるようになると良い印象を与えられるようになりますよね。

そして、「どうせ上手くいくはずない」と一瞬思っても、すぐ「でも、出来るかもしれない!」と気持ちを切り替えて行動する癖をつけると徐々にポジティブ思考へと近づくことが出来ますよ。

②素直になる

ポジティブ思考の次は、「素直になること」を始めてみましょう。意地を張って強がったり、こだわりが強いあまり素直に受け入れなれなかったりすれば、周囲に受け入れてもらうことが出来ません。誰かからアドバイスをもらったら素直に受け入れてみる、手伝うよ、と言う声があったらお願いしてみて下さい。

無理に強がったり、周囲の考えを否定するのではなく、素直に受け入れることは人の優しさや思いやりに気付くきっかけになるはずです。

③自分に自信を付ける

自己肯定感が低い傾向にあるので、肯定出来る自分に近づくことも大切。そうすれば、自分に自信を持つことが出来るはずです。肯定出来る自分に近づくためには、自分磨きしてみる努力が必要です。いつもとは違うジャンルの服を来てみたり、髪型を変えたり少しずつ新しい自分を受け入れられるようになります。

そして、髪型を褒めてもらう、いつもと雰囲気が違う、と周囲に言われると自信が付きます。その積み重ねによって、自分を好きになることに繋がります。

まとめ

こじらせている人の特徴や改善方法をお伝えしました。こじらせている人はネガティブかつ、プライドが高いため、普段の生活でも恋愛でも苦しい思いをすることが少なくないはず。少し考え方や思考を変えるだけで生きやすくなるはずです。そうすれば、色々な可能性が広がり、人生が豊かになりますよ。こじらせ男子、こじらせ女子から卒業して、素敵な男性、女性を目指してみましょう。

そして、こじらせている性格を直しながら婚活したい方には結婚相談所がオススメです。カウンセラーに相談しながら婚活出来るので、様々な問題も一緒に解決しながら婚活をすることが出来ます。マリッジ水戸へぜひお問い合わせください!