こんにちは。水戸の結婚相談所マリッジ水戸です。婚活中に気になる異性が出来た時、また話がしたい、もっと知りたい、と思ったことはありますか?婚活に限らず、他の場面でも好感を持った異性には自分だけがそう思うのではなく、お相手の方からも「また会いたいな。」と思ってもらいたいですよね。

また会いたいという気持ちは恋愛への第一歩です。「好き」という気持ちではないけれど、興味や好意があることは確かなこと。お付き合いや結婚に近づいている証拠です。

では、また会いたいと思われるためにはどうすれば良いのでしょうか。今回はまた会いたいと思われるために、どんなことに気をつければ良いのかをご紹介します。

また会いたいと思われるコツ ~男性編~

①男性らしい振る舞い

女性は男性的な行動にキュンとします。男性らしいというのは、身長が高い、筋肉質で引き締まった体をしている、というようなことではありません。外見で分かるものではなく、内面からにじみ出るもののことです。

分かりやすい例えとして、重い荷物を自然に持ってくれる気遣いや車道側を歩いてくれる優しさ等です。また、デート中に起こるトラブル対処や行動力も男性らしい、と思えるポイントがあるでしょう。

当たり前な行動だと思うかもしれませんが、さりげなく出来る男性はなかなかいません。男性らしい優しさや気遣いを受けた女性は「私のことを守ってくれている」と感じ、もう一度会いたいと思うでしょう。

②一緒にいて楽しい

お見合いでもデートでも、楽しい時間を過ごせたら「また会いたい、もう少し話がしたい」という気持ちになるのは当然ですよね。しかし、楽しいと思ってもらうのは難しそう、と思っていませんか?楽しいという気持ちは部分的なものではなく、総合的に決まるもの。

なので、会話が苦手であればデートの時間を短くして、デートプランをしっかり立ててみましょう。会話が苦手だからこそ、プランをしっかり立てることでカバーするのです。短くすることで、「楽しかったな。でも、もう帰る時間なんだ。。。」と思ってもらえるはず。

反対に会話は得意だけど、デートプランを立てることが苦手な方は食事やお茶を中心に会話を楽しむデートプランにしてみてはいかがでしょうか。コース料理やアフタヌーンティー等であれば会話で楽しませることが出来ますし、女性にも喜んでもらえるでしょう。

楽しい気持ちになれば、女性は「この人と相性が合うのかもしれない。」と感じ、自然とまた会って確かめたいと思うようになります。

③会った時のマイナス点が少ない

男性の皆さんは、女性が男性の印象を決める際にどんな方法で決めるご存知でしょうか。一般的に女性は減点方式で計算していきます。例えばデートをした際に、服装はあまりオシャレとは言えないのでマイナスだけど、清潔感はあるのでプラス、会話も楽しいし、予約してくれたランチのお店も素敵だったので、最終的には「またデートしたいと思える男性」という具合です。

減点方式だからこそ、マイナス点になるようなことを避けることが大切なのです。女性にとってマイナス点になるようなことは人によってそれぞれありますが、共通してマイナス点になるようなことは次の通りです。

・自分の話ばかりを延々とする

・デート先で店員や係員の人に不親切

・女性の意見を聞かない

・ネガティブ、悪口ばかり言う

このようなことが重なると、また会いたいと思われることはないでしょう。デートに誘うことは成功するのに、一度きりで終わってしまうことが多いという方は、ぜひマイナス点になるようなことを避けて行動してみましょう。

④自分をさらけ出しすぎない

1回目や2回目のデートで自分の情報を全て話してしまうようなことは避けましょう。もちろん、ありのままの自然体でいることは大切ですが、全てをさらけ出してしまうと興味が薄れてしまうかもしれません。「もっと知りたい!」という気持ちがまた会いたいという気持ちに繋がりますので、話し過ぎには気をつけて下さいね。

お付き合いすることになれば話す機会もたくさんあるでしょう。知ってもらいたことは沢山あると思いますし、会話が苦手な方は自分のことを話すことで場を保とうとしますが、焦らずに徐々に伝えていくことがポイントです。

また会いたいと思われるコツ ~女性編~

①笑顔でいることが多い

男性は女性に対して、優しさや癒し、明るさを望む人が多いです。なので、笑顔が素敵な女性には惹かれやすく、自然とまた会いたいと思うようになります。明るい笑顔は元気な印象で、一緒にいて楽しい気持ちにさせることが出来ますし、微笑むような笑顔は落ち着いた印象で、一緒にいると安心する、落ち着く、といった気持ちにさせることが出来ます。

素敵な笑顔でいることで、また会いたいと思ってもらえるようになりますので、笑顔でいることを意識して下さいね。笑顔を作ることが苦手な方は口角を上げるだけで印象がかなり違って見えますよ。

②優しい話し方

人の印象を決めるポイントは見た目が大部分を占めますが、話し方も大きく関係してきます。特に話し方は、その人の人間性が表れるもの。普段どんな話し方をしているか考えていてください。早口だったり、きちんとした言葉を使っていなかったり、乱暴な言葉遣いになっていませんか?

このような話し方では、男性からまた会いたいと思ってもらう可能性は低くなってしまいます。男性に魅力的な印象を与える話し方は、女性らしい言葉遣いで感情的にならず、声の大きさが丁度良いことが大切です。よく声の低いことを気にしている女性がいますが、声が高い、低いことを気にするのではなく、品を感じさせる、女性らしい優しい話し方に気を付ければ、また会いたいと思ってもらえるはずです。

③共通点を見つけながら会話をする

会話の中で共通点があると嬉しいですよね。さらに共通点があると親近感が湧いて、会話が弾んで楽しい時間を過ごすことが出来ます。共通点を見つけながら話すコツは自分のことも適度に話しながら、お相手が趣味やプライベートのことについて話してくれるような会話の流れを作り、質問しながら会話をしていくことです。

しかし、そんな思うように共通点が見つけられなさそうな場合は、踏み込んでみることで共通することが見つかるかもしれません。例えばお相手の方が趣味がサッカー観戦の場合、どこのチームを応援しているのか質問します。応援しているチームが自分の地元のチームであれば、お相手の方も親近感が湧いてくるはず。サッカースタジアムの近くのレストランの話をしたりすれば、共通の話題が出来ますよね。

注意してほしいのは、共通点を見つけることに集中してしまい、顔が真顔になっていたり、相槌を打つことを忘れていたりすること。もちろん共通点があれば親近感が湧いてまた会いたいと思われるかもしれませんが、笑顔で会話を楽しむことの方が何より大切なポイントです。

④積極的に行動してみる

気になるお相手の方の趣味がキャンプで「今度日帰りでどこか行ってみない?」と誘われた時、どうしますか?「やったことないし、そんなに興味もないから。。。」と断りますか?それとも、「やったことないけど、せっかくの機会だから行ってみよう。」と話を進めますか?

当たり前ですが「私はいいです」と断ってしまうと、話も弾みませんし、せっかくのお誘いのチャンスも台無しになってしまいます。自分がやったことがないことや知らないことでも、積極的にノリよく話を進めると、話も弾みますし、次回会うチャンスも掴むことが出来ます。

また、婚活に関係なく自分の視野を広げることは人間的に成長することが出来るので、この機会に未経験のことや自分の趣味ではないことも、フットワークを軽くして積極的に行動してみましょう。

まとめ

男女別にまた会いたいと思われるためのコツをご紹介しましたがいかがでしょうか。どれも難しいものではないですが、いざ自分で実践してみると、なかなか出来ないものもあるかもしれません。全てをやろうとはせずに、できそうなものから一つ一つチャレンジしてみて下さいね。これからの婚活の参考になれば嬉しいです。